目指せ10%以下!体脂肪率を減らすサプリランキング

体脂肪率 サプリ

 

理想の体脂肪率は10%以下?

 

男性の体脂肪率の理想は何パーセントなのでしょうか。
男性に理想を聞いてみると、腹筋が割れるくらいとする人が多いい様です。
腹筋が割れるようにするには、体脂肪率をひとけた台にしなくてはなりません。
一般的に体脂肪率は12%〜13%が理想と言われていますが、男性は10%以下が理想でしょう。それは男性が女性に比べると脂肪を蓄える必要がないからです。
そもそも腹筋は割れていて体脂肪率を落とすことによって余分な脂肪が落ち本来の腹筋の状態が現れてくるのです。
ですから腹筋を鍛えなくても体脂肪率を落とすだけで割れた腹筋を手に入れることは可能なのです。
しかし、体脂肪率を10%以下へ落とすのには消費カロリーの高い運動をほぼ毎日行っていなければ実現できません。また食生活もかなりコントロールする必要があります。
また、体脂肪率を下げすぎると免疫力が低下してしまい感染症などに掛かりやすくなってしまうことになります。
では、逆に赤信号の体脂肪理とはどのくらいでしょうか?
一般的になりますが、15%がひとつの目安となります。ポッチャリ体型になりお腹回りも中年太りになる可能性が高くなります。
そうならないためにもこまめに体脂肪測定を行うことです。
そしてカロリー制限をしながら体脂肪を落としてみましょう。

 

体脂肪が増える原因は?

 

最近ではいつの間にか体脂肪が蓄積されているという方が増加していますが、どうして、どうやって蓄積されているのか知っていますでしょうか?蓄積される原因はどんなものなのかを理解しておきましょう。

 

・体脂肪が増える理由
体脂肪が増えるイコール中性脂肪が増えるということです。どのようにして取り込まれて、それが蓄積されているのかについて説明しますが、まず中性脂肪は腸で分解されて小腸まで行くと、象徴の細胞内で再度、中性脂肪になります。その後、血液中から全身に運ばれ筋肉や細胞に使われます。
では、どこから取り込まれるのかというと、基本的に食事から取り込まれますが、運動不足などでエネルギー消費が少ないと余った中性脂肪が皮下脂肪や内臓脂肪として蓄積されます。

 

・注意してほしい人
女性は皮下脂肪が男性に比べて溜まりやすいといわれており、逆に男性や閉経後の女性は内臓脂肪が溜まりやすいといわれています。そして普段、運動などをしない方は基礎代謝量も低く、エネルギー消費量も少ないので体脂肪が溜まりやすくなります。また、脂質代謝異常という病気の方も溜まりやすいのですが、これは病気なので治療が必要になります。

 

・遺伝も関係している
実は体脂肪が溜まりやすいというのは遺伝も理由としてあります。父親が太っていれば4割、母親が太っていれば6割の確率で遺伝します。

 

とにかく適度な運動をすることによって体脂肪を蓄積させない身体になりますので、全く動かないという方は時間を見つけて運動をすることをオススメします。

 

体脂肪率を減らす!脂肪燃焼するには?

 

理想の身体になりたいと多くの人が思っていると思います。そのためにはダイエットが必要になりますが、ダイエットを成功させるたえに必要なのは体脂肪の燃焼です。では、どうすれば体脂肪を燃焼することができるのか、詳しく紹介します。

 

・血糖値は体脂肪燃焼のきっかけ
体脂肪を燃焼させるために必要なのはエネルギーの消費量を高めることです。
血糖値とどう関係があるのか疑問に思うかもしれませんが、血糖値が低くなると体脂肪はエネルギーとして使用されます。
血糖値が低くなることによって脂肪細胞がグルカゴンというホルモンを分泌して血糖値を安定させようとします。このホルモンは褐色脂肪細胞の活性化を促し、脂肪分解酵素リパーゼを生成し、このリパーゼによって脂肪はグリセロールと遊離脂肪酸に分解されます。分解されたら、それらは血液を通って筋肉細胞へと届けられるということになります。
この流れの中で、遊離脂肪酸が褐色脂肪細胞内のミトコンドリアによってエネルギーとして燃焼されます。
つまり、血糖値は体脂肪燃焼のきっかけになるということになります。

 

・効率よく体脂肪燃焼さえるコツ
体脂肪を燃焼するといっても、そうそう簡単に出来るものではありませんし、簡単に出来ればダイエットで苦労することもありません。また、食べずに動けばいいと思っている方も多いですが、それで痩せてもリバウンドをしてしまう可能性が高いですし、代謝も悪くなる恐れがあります。ですのできちんと効率を考えて脂肪燃焼を意識しましょう。
まず、食事をしないというのはよくありません。そもそも続かないと思いますので、きちんと食事は摂った方がいいでしょう。ただ、食事の栄養バランスや食べる順番などを意識することが大切です。それだけでも、かなり違いますので実践してみてください。
次に運動ですが有酸素運動をオススメします。ウォーキング、ジョギング、水泳、自転車などがありますが、とにかく短い時間でも継続して続けましょう。
これらを考え、続けることによって体脂肪を燃焼させることが出来るはずです。

 

体脂肪率を増やさない食事法

 

体脂肪は、糖尿病や動脈硬化などの生活習慣病の原因となることが多くなりますから毎日の生活に気を付けていきたいですね。適度な運動と食生活で確実に改善できますので意識をしながら見直していきましょう。
例えば1日の食事は3回きちんととるように心がけることが大切になってきます。
1日で考えてみた時に同じカロリーを2回で取るとよりも3回で取った方が体脂肪になりにくいのです。
また寝る前3時間以内は食事をしないようにすることも大切です。
寝る前に摂った食事のほとんどが消化されず体脂肪として蓄積されてしまうからです。
さらに1回の食事に20分以上かけることも大切です。
脳の満腹中枢におなかがいっぱいというサインが届くまでに20分はかかりますので早食いは食べ過ぎに繋がることになるのです。
そして、カロリーの取りすぎに注意しながらバランスよく自分に合わせたエネルギーの目安量を知ることが大切です。
最後に食材を選んで調理法にも工夫をしながら、低カロリーの食品を利用することも大切寝のです。余分な油を使わず、なおかつ食材自身の油も落とすような調理をしてエネルギーを抑えます。また食物繊維にはコレステロールの吸収を抑えることができ排尿を促す働きがありますので積極的に取り入れるよう心がけましょう。

 

ドラッグストアにある!体脂肪を減らす市販のサプリ

 

サプリメントはドラッグストアでも販売されているのですが、その中には体脂肪を減らすのに効果的な種類も存在しているので、いくつか紹介させていただきます。

 

DHC エクササイズダイエット

 

いろいろなサプリメントを販売しているドラッグストアですが、その中にDHCのエクササイズダイエットというサプリメントという種類が存在しています。

 

インターネット販売でもよく見かける種類なのですが、脂肪を減少させてくれる効果があると言われています。機能性表示食品でもあるので、効果は十分期待してよいでしょう。

 

なじみ深い森下仁丹 ローズヒップ

 

森下仁丹と言えば、日本人にはとてもなじみ深い名前なので、知っているという人も多いでしょう。そんな森下仁丹ローズヒップという種類が、ダイエットに効果的なサプリメントだと言われているのです。

 

ドラッグストアでも比較的目にする機会が多いのですが、ローズヒップという植物にいろいろな栄養素が含まれています。ローズヒップはダイエットによいサプリメントとして利用されているだけではなく、化粧品としても利用されているのです。

 

コマーシャルでも有名なファンケル 内脂サポート

 

ファンケルと言えば、テレビコマーシャルでよく流れているので、知っているという人も多くなっています。その中の1つにファンケル内脂サポートというサプリメントがあります。

 

ドラッグストアでもよく取り扱われている種類ですし、腸内環境を整える効果があることでも知られているサプリメントです。

 

体脂肪率は低すぎると風邪をひきやすい?

 

痩せている方というのはスタイルがよく外見だけを見て羨ましいと思う方も多いと思います。そしてさらに自分もそういう風になりたいと考えると思いますが、痩せ方によっては虚弱な体質ということもありますので、痩せるにしてもきちんと上手に痩せる必要があります。
また、痩せている方というのは体重も体脂肪も少ないので、肥満体質の方に比べると体調を崩しやすいということも考えられます。
ですが、この体調を崩しやすい理由についてどうしてなのかを知っていますでしょうか。そのことについて説明します。

 

まず、人間の身体というのは免疫機能があり、これによって体内に侵入してきた異物や異常な細胞を排除します。これが正常機能することで病気を防ぐということになります。この免疫細胞というのはタンパク質から出来ていますのでダイエットなどでタンパク質の摂取量が減少すると免疫力が低下してしまいます。
ですので、ダイエット中に無理な食事制限をしないということは頭に入れておきましょう。健康的に痩せるということが一番大切です。

 

体脂肪率の低下というのは体温の低下も結語します。体脂肪というのは保温機能がありますので、体脂肪の量が低下すると体温も低下してしまうということになります。体温が低下すれば免疫機能も低下しますが、具体的には1度の体温低下で免疫力は大幅に低下してしまいます。ですので体脂肪は少なすぎるというのも体調に関係しますので、体脂肪を下げるにしてもその点は考えて置くようにしましょう。ダイエットをするのはいいのですが、それによって色々と身体に影響が出てくるということを覚えておくことが大切です。

更新履歴